おすすめの転職エージェントを比較!

転職エージェントを利用して再就職を決めたい!

転職エージェントはいくつくらい登録すればよいのか、ランキングを参考にしたほうが良いのか、どんなメリットやデメリットがあるかなど、初めて転職エージェントを利用する人にとってわかりやすく評判の良い業者を比較して、選び方やおすすめポイントをお伝えしていきます。

おすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「マイナビ」や「マイナビ転職」など多岐に渡る人材情報サービスを提供するマイナビグループの人材紹介会社。企業との繋がりも数多く、そのノウハウを活かしたキャリアカウンセリング、応募書類の添削、面接対策など手厚いサービスが受けられる。毎日更新される求人情報や初めて転職する人でもわかりやすいサイトコンテンツも必見。求人の業界や職種は幅広く網羅しているが、IT・通信系やメーカー系に強いのが特長。求人の8割は非公開求人で、マイナビエージェントのみが扱う独占求人も多い。キャリアコンサルタントは業界別で担当が分かれており、各業界の出身者も多いので具体的な相談ができるのも魅力。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職成功実績No.1の転職エージェント。1977年に創業してから累計約30万人以上の人がリクルートエージェントの紹介で転職を果たしている。転職エージェントとしての歴史の長さ、またリクルートグループとして企業との信頼関係から求人件数は業界トップクラス。非公開求人は約10万件以上と豊富である。業界や職種、地域ごとに分かれたキャリアアドバイザーが担当をし、これまでの実績や経験を活かした転職をサポートしてくれる。 独自サービスも展開しており、登録をすると転職に有益な情報が多数提供される。業界分析や選考のポイント、社風などを集計したエージェントレポートや、参加した99%の人が満足している面接力向上セミナーなどもぜひ利用したい。

パソナキャリア

利用者の満足度が高い転職支援サービスといったらパソナキャリア。2015年のオリコン顧客満足度ランキング、転職・人材紹介会社の総合部門2位、女性部門1位とかなりの高評価である。転職の実績が多いのも満足度が高い理由の一つ。67.1%の人がパソナキャリアからの転職で年収アップしており、希望に合ったやりがいのある仕事に転職している。パソナキャリアでは幅広い業種・職種の求人に対応しているが、他社と違うところは女性管理職へのキャリアアップサポートが充実しているところ。女性管理職担当チームが編成されており、業界に精通した管理職経験のあるキャリアアドバイザーが対応する。転職後もマネジメントのスキルアップ研修などに参加でき、キャリア形成がしやすい。

JACリクルートメント

外資系や海外進出企業などグローバルな求人を探すならJACリクルートメントがお勧め。ロンドン発祥の日系転職エージェントで日本でも27年の実績がある。JACリクルートメントを利用する多くは30歳以上、各業界・職種で豊富な経験を持ってのキャリアアップが中心である。45歳以上の転職決定者も多い。JACリクルートメントのコンサルタントは業界や職種に精通したプロなので、専門的な知識をもってしっかりと転職希望者の要望やスキルを理解してくれる。また、担当コンサルタントが直接企業に訪問しているので、先方の職場の雰囲気や事業戦略など詳しく聞くことができる。きめ細やかなサービスで利用者の満足度は高い。

おすすめの転職サイト

リクナビネクスト

リクルートグループが運営する「国内No,1」と評判の転職サイト。転職を考えた時に、まず初めに登録するべきサイトとも言われている。 案件数、求人内容の質の高さはダントツで、転職経験者の実に8割以上が活用している。 リクルートグループ故の信頼と実績、圧倒的な知名度で限定求人は85%に上り、2015年オリコン日本顧客満足度ランキング 転職サイト部門で第一位に輝いた。 転職サイトと転職エージェントの併用が主流となっている昨今において、リクナビネクストのスカウト機能は非常に有用である。匿名のレジュメを登録すれば企業や転職エージェントから直接オファーが届く仕組みで、登録者数の2倍近いオファー数がある。自分の市場価値を客観的に判断できることから、エージェントを通しての転職もアグレッシブに進められるだろう。 明確な転職ビジョンを持っていない人も、思わぬ道が開ける可能性大。

転職@type

@typeは豊富な求人情報の中から自分に合った仕事が探せる転職サイト。会員登録をすると無料で市場価値診断テストができ、所要時間約5分で自分の適正年収、ビジネス基礎能力、性格特性を数値化してくれる。他にも転職力診断テストなど自己分析に利用できるツールが多い。転職のノウハウやデータ分析などコンテンツも豊富で初めての転職にもお勧め。 転職活動を進めるうえで不安に思ったら、@typeの無料転職サポートに登録すると専任アドバイザーからの求人紹介やサポートを受けることができる。年収アップの相談や待遇、給与などの交渉もお任せできて安心。8割が非公開求人なので自分だけでは出会えなかった求人を紹介してもらえる可能性もある。

転職エージェントを利用するメリット

目次

1.細かな支援を得られる

転職エージェントでは常に相談できアドバイスをもらうことができます。 個人で転職を行う場合、自分で探しアポを取りどこが良いか比較検討し、考えることばかりです。転職エージェントを利用すれば専任のパートナーと共に転職を進めることができます。パートナーからカウンセリングなどで第三者としての評価も得られます。企業の詳細な情報や、面接対策、履歴書のポイントなど、細かなところまで支援を得ることができます。

2.スキルをもとに転職先のマッチング

実際に転職しようと考えた時に自分が行きたい会社が決まっている、または受けてみようという会社が決まっていればあえて転職エージェントは必要ありません。転職エージェントが必要なとき、それは自分のスキルを市場でいくらになるか客観的に評価して転職先を探す時です。少しでも高く自分を売りたい、これまでのキャリアを次でもいかしたい、またはそれだけのスキルを持っているという自信がある場合に必要になってくるわけです。

3.面接に強くなる

転職エージェントでは模擬面接があるので、面接の本番日を緊張することなく平常心で迎えることが出来ます。 面接は自分が想定していたこと以上の質問をされることもあり、当日答えに困ることもあります。 ですが転職エージェントでは、様々な質問に対する受け答えを予め練習しておくので心配がいりませんでした。 また、企業側にとって好印象な答え方についてもアドバイスがあったので、自分が気づかない事を指摘してもらえ助かりました。

4.知らない会社も紹介してくれて幅が広がる!

転職に踏み切る理由は人間関係・待遇面での不満等たくさんあるでしょう。行きたい会社と直接やり取りするコミュニケーションコストを抑えられる転職エージェント。特にありがたいと感じたのは、興味のない仕事ではあるが、人間関係がいいだとかこれから成長する企業であるといった切り口で私の全く知らない会社を紹介してくれます。 一人だけでは到底たどり着いていないであろう求人票と出会えるのは、転職エージェントとの連携ならではの話だと私は思います。

5.自己管理コストの削減!

転職活動において一番難しいのはスケジュール調整だと思います。転職エージェントを介在させると、選考したい企業とのやり取りや、面接のスケジュールを全て転職エージェントが済ませてくれます。こちらから行うのは、空いているスケジュールを投げるだけです。 また、選考状況の進捗や次回面接の対策等、情報ソースを思う存分提供してくれるのが転職エージェントの良いところです。 自分で全てやるとなれば、仕事を抱える中で片手間になってしまうかと思われます。そういった専念しなくていい部分をカバーしてくださり自己管理よりも、転職先への熱い思いを考える時間を大幅にとることが出来ます。

6.プロの演出を武器にする

転職するには今までの業務経験に加え、自分を最大限にアピールすること、できるだけ好条件を引きだすことが重要です。 転職エージェントの魅力は、業界に精通したプロフェッショナルが経歴を採用企業が好むように見栄えよく演出してくれることです。結果として、自分では気付かなかったアピールポイントや採用ポストを提案してくれ、双方の希望を叶えるべく、粘り強く交渉をしてくれます。

7.好条件の求人を探しやすい

例えばハローワーク求人は求人数は多いのですが掲載料が無料なため、ブラック企業や空求人が多いということがよく言われています。 そのため、優良企業を探したいという人や好条件の求人を探しやすいという意味では転職エージェントはお勧めです。また、転職エージェントも大手のものを選べば求人数も多く、選択肢は決して少なくはありません。その中で自分のスキルが生かせる求人を見つけられれば、転職は成功すると言えます。

8.モチベーションを維持できる

一人で転職活動をしていると、どうしてもモチベーションの維持のコントロールが難しいです。しかし転職エージェンシーを利用すると、モチベーションの心配はいりません。 なぜなら、担当者が沢山応募することを何度も何度も良くも悪くも言ってきます。そして希望する求人がない場合も、少しでも求職者の希望に合うような求人を探して勧めてくれるからです。 このような状況のもとにいると、嫌でも応募することになり、モチベーションが低下することはなくなります。

転職エージェントを利用するメリットまとめ

転職エージェントを利用すると『受動的に活動が出来る』ということを感じることでしょう。登録してある程度の情報を入力すると、エージェント側から様々な求人がインターネット上やメールで通知されます。さらに履歴書の書き方や面接の注意点など、必要な情報が次々と入ってくるため『転職活動させられている』という気さえしてきます。 転職したいけど具体的にどうすれば良いのか分からない状態のまま、履歴書や写真を用意して散髪に行って・・・と求人を探すよりも身の回りの準備に追われてしまうことはありませんか? 転職は慎重に行いたい、だからこそ情報を的確に抑えて冷静に判断する必要があります。転職エージェントは、いわば『転職のプロ』ですから利用しない手はありません。色々と道しるべを示してくれる点で、利用する価値があると思います。

新着エントリー

転職時の自分の適性がわかる
転職エージェントのキャリアパートナーのおかげで転職できましたが、正直なところ転職...

転職エージェントに登録してみた体験談
転職サイトは長いこと利用(検索して見ているばかりでしたが)してきましたが、転職エ...

サービスが充実していたパソナキャリア
私が利用した事がある転職エージェントはパソナキャリアです。契約期間は半年。特定の...